生理前のにきび

女性の中には、生理前になるとにきびができてしまうという人も多いでしょう。
これは、ホルモンバランスが関係しています。

生理前にニキビを発生させる原因ともいえるのが黄体ホルモン・プロゲストロンです。
生理前に排卵が起きると、このホルモンの分泌量が急激に増加します。黄体ホルモンには子宮内膜を厚くして妊娠しやすい身体にするための働きをします。ですから、女性の妊娠や生理には欠かせない非常に大事なホルモンなのです。
しかし、黄体ホルモンは、同時に皮脂の分泌量を増加させる作用があります。また、肌の水分量を低下させてしまう作用もあります。
そのため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、肌の乾燥によって角質が厚くなり、毛穴を塞ぎがちになってしまうのです。これが生理前ににきびが発生する仕組みです。

生理前のにきびを予防するためには、イソフラボンを摂取するのが効果的だといわれています。
なぜなら、イソフラボンの成分は、黄体ホルモンと逆の働きをする卵胞ホルモン・エストロゲンと似ているからです。
エストロゲンには、通称「美人ホルモン」と呼ばれることもあるホルモンです。女性らしい身体を作り、肌をつややかに保ち、肌のキメを整える作用があります。しかし、生理前にはエストロゲンの分泌は激減します。ですから、この時期に、エストロゲンと似たような成分であるイソフラボンを摂取することで、肌アレやにきびを防ぐのに効果的なのです。