ニキビ予防に便秘解消を

20歳を過ぎても繰り返しできる大人にきび。
この改善方法として有効なのが便秘の解消です。
大人にきびに悩んでいる人の多くが便秘にも悩まされているといわれています。慢性的な便秘に陥っている人の場合、その影響は肌荒れや肌のくすみ、にきびなどといった肌トラブルとして現れてしまうのです。

便秘が続くと、腸内の環境は悪化してしまい、本来であれば排出されるべき老廃物や毒素が体内に蓄積されてしまいます。
腸は健康のバロメーターともいわれているように、腸内環境が良くないと肌トラブルだけでなく様々な悪影響を身体に及ぼしてしまうのです。例えば、自律神経の乱れによるイライラや、肩こりや倦怠感、食欲低下といった全身の症状として現れてしまいます。
ですから、大人にきび解消のためにも、身体の健康のためにも、便秘を解消するようにしましょう。