にきびとは?

にきびとは?

ニキビは、専門医学用語では「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれています。
毛穴に発生する慢性炎症疾患のひとつで、様々な症状があります。

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂とアクネ菌が結びつくことで発生します。
人間の肌には無数の毛穴があり、どんなに每日洗顔をしっかりしていても、皮脂がつまります。この状態はいわば正常な状態です。
しかし、毛穴に皮脂が多量につまっていると、もともと肌にあるアクネ菌の活動が盛んになってしまいます。アクネ菌が活発に活動するようになると、炎症が発生し、いわゆるにきびができてしまうのです。
そして、にきびの症状が悪化すると、赤く腫れあがって膿がたまります。さらに症状が悪化すると、炎症がおさまった後もニキビ跡として残ってしまうことがあります。